宝石の価値を理解してジュエリーを上手に楽しむ

宝石の意味と価値

ダイヤモンドには、色々な種類があり幅広いジュエリーデザインがありますが、どういった面で買取価値が高くなるか知る必要があります。
まずダイヤモンドの宝石自体の価値は、重さ・輝き・色・透明度から決まります。重さは、重量があるほど価値は高く、輝きはCut方法にもよりますがトリプルエクセレントやノーマルエクセレントは価値が高くなります。
ダイヤモンドの色は、一般的な無色の場合は無色透明であればあればあるほど価値が上がります。そして、透明度は、内包物混ざって無いかという事です。混ざっていたら価値がないわけではなく、無ければ無いほど買取価格が高くなります。
ダイヤモンドには確かなものという意味があります。それは、ダイヤモンドの頑丈な固さから意味がきているようです。なのでプレゼントにも永遠の意味を込めて世界的にもジュエリーのプレゼントとして一般的になっています。
また、ダイヤモンドのプレゼントが一般的になっている事で、売る側も買取る側も増えてきています。そのため、買取側だけではなく、売る側にもジュエリーを売るお店などの選択肢が増えています。
ダイヤモンドの買取と聞くと何カラットからと気になるものですが、ダイヤモンドの平均的な相場は日々変動しています。ですが、1カラット未満の場合でも数十万円はいく事があります。
なので大きさだけで価値を決めつけず、まずは査定する必要があります。中には店舗によって価値が変わる場合もあるのでいくつかを調べてみるのも良いようです。